*

WordPress本体の自動更新に日本語版が出てこない場合の対処方法

手伝って制作したサイトのWordPress本体を自動更新しようとしたところ、
いつもの「WordPress-3.◯.ja」が出てこず
US版のみ表示されていました。

他の私のサイトでは、日本語版自動更新していたため、
このサイトだけ表示されていない状態でした。
WordPressの自動更新

調べたところ、
多言語化に対応するプラグイン「qTranslate」が原因のようでした。
このプラグインを使用していると
バージョンチェックの際に、US版を使用しているということになるようです。

対処方法としては、
一旦「qTranslate」のプラグインを使用停止にすると
下記画面のように、通常の日本語更新が出るようになります。
本体の更新が終わったら、再度プラグインを「有効」にして完了です。
WordPress の自動更新

・参照元
qTranslate使用中にWordPressを自動アップグレードする方法 | NINE SENSE ARCHIVE

今回のまとめ

普段と違う挙動があると、まずはプラグインを疑ってみましょう。
手間ですが、一つ停止しては動作の確認をしていくと比較的早く原因がつかむことが出来ます。
今回のように、日本語環境におかしな挙動があればプラグイン「qTranslate」を疑ってみましょう。

記事が気になったらSNSでチェックしてくださいね

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいね!でWordPress最新情報が手に入ります

関連記事

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。

アップデート失敗「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」

プラグインの更新していたら、「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」が表示さ

記事を読む

メンテナンスモードから復活

WordPressプラグイン更新時、メンテナンスモードから回復しない状態からの復活方法

古くから運営しているサイトの メンテナンス中にちょっとしたトラブルが、 発生したので解決

記事を読む

サーバーの移転

こんなに簡単だった!サーバー移転を最短で正確にする方法はコレだ

サーバー移転するときはどんなとき? 今回紹介するのは、移設前と移設後のドメインが 異なる場合

記事を読む

狙われています!WordPressを最新版へ更新しましょう

最近、WordPressを狙った攻撃が多くなりつつあります。 どこのレンタルサーバーでも攻

記事を読む

コメントを残す

https_image
安くなったSSL証明書 全サイトを暗号化する時代がやってきた

2014年8月にGoogleが「HTTPSをランキングシグナル

残念な年賀状
アップロードしたサムネイル画像を一括でリサイズしてくれるありがたいプラグイン

新しくテーマを変更したら、 サムネイル画像の人がやせ細ってしましまし

記事投稿を簡単にする方法
コピペで出来る!蛍光マーカーや赤文字ボタンを作成して記事を簡単に装飾する方法

記事を書くのを少しでも楽にする方法を紹介 記事を書くときは、出来るだ

web素材が無料
高品質なウェブ素材が無料「ShanaBrian Website」

Webサイト構築ですぐに使える素材が ひと通り揃っています。

無料のイラスト・かわいいテンプレート 素材ライブラリー
イラスト無料の「素材ライブラリー.com」

全ての質の高いイラストが揃っていて、 PNGやJPGだけでな

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑